ATD

先端技術開発

ATD

先端技術開発

SMEの技術で、地域を元気に

SMEの拠点である島根県益田市を元気にしたい!!さらには世界を幸せにしたい!!そして私たちの技術でビジネスを創造したい!!との想いから、2017年より、IoTツールを活用した監視システムの技術開発を始め、最近の取組みとして協働ロボット制御を進めています。

「こんなモノがあったらいいな」「こんな風にできたらいいな」をSMEの先端技術開発でお手伝いします。

画像
01

実績紹介

益田市様

河川の水位変動データの収集と可視化による見守りシステムの構築

お悩み内容

島根県益田市には、1級河川の高津川と2級河川の益田川があり、それらに流れる多くの支川(支流)や幹線排水路が存在しています。
降雨時には、水位を把握するため、市役所職員の方々が危険な状況の中、時間をかけて河川や幹線排水路を巡回しており、苦慮しているとの声がありました。

画像

特に大雨や台風などの増水時には河川や水路へ滑落し、二次災害が起きる可能性もあります。
危険な状況で頻繁に見回りするのは大変です…。

画像
img

お悩み解消

所定の位置へ水位センサーと送信器を取り付け、河川の水位情報をクラウドサーバーへアップロード、 そして河川の水位情報を監視者のパソコンやスマートフォンなどへダウンロードするシステムを構築しました。 これにより離れた拠点から信頼性の高い環境データを収集できるようになりました。

画像
img 中継器

各河川の水位センサーから
水位データを収集し基地局へ送信

>
img 基地局

収集した水位データを
cloudへアップロード

>
img 監視者

収集した水位データを
cloudからダウンロード
現地に行かずに水位の監視が可能!

人の感覚ではなく、水位を数値で判断できることから幹線排水路では樋門開閉場所の判断材料として活用されています。
又、河川の水位変動データの収集が可能となり、防災分野への活用も期待されております。

画像

人の感覚ではなく水位を数値で判断できるので、速やかな樋門操作が可能になりました。
特に夜間は危険が多く、さらに水位状況も分かりにくい中で何度も巡回を行っていたため、巡回回数が減り非常に助かっています。

画像
益田市様

害獣の捕獲検知による業務の効率化

お悩み内容

益田市では、様々な要因で害獣による被害が発生しています。

地域の皆様が安全で平穏な生活を維持していくための一手段として、山中に熊檻の設置をしております。
熊の捕獲有無を確認するため、市役所職員の方々が足場の悪い山中を定期的に巡回しており、大変苦慮している様子が伺えました。

画像
img

お悩み解消

定期的な巡回作業を軽減するため、SMEの技術と河川監視で培った技術を活かして、 害獣の捕獲情報を離れた場所でも確認出来るシステムを考案、開発、設置しました。

img 害獣捕獲

害獣が檻へ侵入し、
檻の入り口が閉まる

>
img 捕獲情報

檻の入口が閉まると
変化情報をCloudにアップロード

>
img 監視者

Cloudから檻の変化情報が
メールで通知される

害獣が檻に侵入し、檻の入り口が閉まると、檻の変化情報をクラウドサーバーへアップロード、そして自動的に監視者へメールにて通知します。
監視者は事務所や自宅で通知を受け取ることができ、安全で効率的な捕獲が可能となります。

PAGE TOP